ホーム > 検査・診断・治療について > 冠動脈バイパス術(CABG)

検査・診断・治療について Treatment

冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス術は、冠動脈の狭窄部位や閉塞部位よりさらに末梢(下流)の部位に血管をつなぎ、新鮮な血液を流します。カテーテル治療が困難な場合やたくさんの病変があるなど、冠動脈バイパス術の方が患者さんへの恩恵が大きい場合に選択されます。当院ではカテーテル治療を行う内科医とバイパス手術を行う外科医を中心にハートチームによる治療方法の検討を行っており、いろいろな合併症や背景をもつ患者さん一人ひとりに最適な治療法を相談させて頂きます。

バイパスの材料(グラフトと言います)として、ご自分の血管(内胸動脈、橈骨動脈、大伏在静脈、胃大網動脈)を使用します。合併症(糖尿病、腎不全など)や血管の性状などを十分に検討し、それぞれの患者さんに最適な方法で冠動脈バイパス術を施行します。

冠動脈バイパス術は、人工心肺を用いた冠動脈バイパス手術と人工心肺を用いない心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプ冠動脈バイパス術)があります。当院ではオフポンプ冠動脈バイパス術を中心に術式を選択しております。しかし、もともと心臓が大きくなって弱っている場合などでは、確実に吻合するために心停止下の手術が望ましい場合があります。安全性、確実性を十分に考え、可能な限り患者さんへの負担が少ない方法での治療を相談させて頂きます。


図:冠動脈バイパス術の例
左内胸動脈―左前下行枝、左内胸動脈―右内胸動脈―対角枝、上行大動脈―橈骨動脈―左回旋枝、胃大網動脈―右冠動脈バイパス(バイパスで使用する血管は患者さんにより異なります)

図は許可を受けたうえで転載しております。
著書名:インフォームドコンセントのための心臓・血管アトラス
著者:山科章、荻野均/出版社:トーアエイヨー

外来について 入院について
Page Top