> クライオアブレーション(冷凍バルーンアブレーション)

クライオアブレーション
(冷凍バルーンアブレーション)
Ablation

クライオアブレーション(冷凍バルーンアブレーション)とは

当院では、心房細動を根治するカテーテルアブレーション治療の最新治療法である「クライオアブレーション」にて、多くの患者さんの治療を行っております。

クライオアブレーションは不整脈を治療するために、心臓の筋肉内を伝わる電気伝導の異常をカテーテルで治療する、非常に難易度の高い治療です。
治療方法は、-60℃まで心筋組織を冷凍することで細胞障害を引き起こし、電気的興奮や伝導を生じないようにさせる治療法です。心房細動に対する治療では、高周波と同様に、肺静脈と左心房間の伝導を遮断することを目標に行います。
バルーンカテーテルを用いて、肺静脈を塞ぐように押しつける要領で、肺静脈周囲を冷却、隔離します。

  • 1.カテーテルを肺静脈に留置

  • 2.バルーンを膨らませる

  • 3.バルーンで肺静脈を閉塞し、冷凍を開始(3~4分間)

  • 4.カテーテルで電気的隔離を確認し終了

提供:日本メドトロニック株式会社

全身麻酔で痛くないアブレーションを行います

「治療の苦しみを減らすこと」は医師・華岡青洲の精神を継ぐものであり、当院では積極的に全身麻酔にてクライオアブレーションを行っております。

心臓を高周波で焼灼すると、焼く場所によっては激しい痛みを自覚し「アブレーション治療は痛い」「寝ている間に手術は終わって欲しい」とほとんどの患者さんに言われます。

全身麻酔で行う目的は「患者さんに痛みがなく、手術を楽に受けられる」、人工呼吸器により呼吸が安定し「心臓の上下運動が少なく、カテーテルの固定が容易で、治療効果が高まり、合併症予防にもつながる」などです。

対象となる疾患(適応・除外基準)

心房細動による自覚症状が強く、抗不整脈薬でも発作が抑制されない方が対象です。
心房細動は発作性と持続性とに分類されます。発作性は長くても1週間以内に停止するもので、持続性は1週間以上続くものです。
クライオアブレーションは、この「発作性心房細動」「持続性心房細動」が適応となります。

※肺静脈の形態異常(共通管など)は難しい場合があります。
 そのような方は高周波アブレーションによる治療が選択されます。

当院では2名の医師にて行っております

循環器内科・心臓内科
診療部長

石丸 伸司

紹介はこちら

循環器内科・心臓内科
医長

川﨑 まり子

紹介はこちら

アブレーションの全身麻酔は麻酔専門医が担当しております

心房細動に加えて、未成年患者の方のアブレーションにおいても、全身麻酔を提供しています。

麻酔科
診療部長

新井田 周宏

紹介はこちら
Page Top