> 放射線診断科

放射線診断科
Department of Diagnostic Radiology

当院は最新鋭の320列CTを2台有し、毎日、大量の画像が発生しています。
循環器診療に必要な領域をカバーするためには全身のCT撮像が必要とされますが、必然的に撮像範囲内には循環器臨床医が専門としない臓器、組織が多く含まれることになります。これら撮像されている大量のCT画像の中に、偶発的にガンなど他の病気の合併が無いかに関しては常に確認する必要があります。この作業を循環器診療の間に循環器専門の臨床医が行うのは大変です。
また、当院では最新鋭の3テスラMRIもあり、心臓・大血管疾患と関係の深い、脳虚血性疾患の確認も画像で積極的に行っていますが、本来この領域の診療を行うべき神経系の臨床医は当院に常勤していません。
こうした大量の画像にまつわる問題の迅速な解決のため、2021年10月より放射線診断科が開設されました。
放射線診断科と言いますと、今一つ患者の方には馴染みがありませんが、一言でいえば、全身の画像診断に特化した診療を行っています。
大量の画像を診ることを得意とし、幅広く色々な臓器の画像診断を行います。CT, MRI画像でガンなどの心臓、大血管以外の偶発的な病気が見つかった場合、迅速に連携している各病院へ患者の方を紹介できる様に当院の体制を支えてまいります。

放射線診断科 診療部長 小野寺 祐也

放射線診断科 在籍医師の紹介

Page Top