> 心臓血管外科

心臓血管外科
Cardiovascular Surgery

通常の弁膜症手術や冠動脈手術はより複雑な複合手術症例が増えていますが、今までの多くの経験をもとに積極的に治療を行っています。
また心臓の弁膜症手術や冠動脈バイパス手術では、胸の真ん中を切る方法ではなく胸の横を小さく切る方法で、3D内視鏡を使用しての手術など、手術創が小さく体に負担の少ない低侵襲手術も選択肢の一つとして施行しています。
大動脈手術では、ハイブリッド手術室を完備し、積極的に低侵襲治療として血管内治療(ステントグラフト治療)を行っています。腹部大動脈瘤では大半の方が、また胸部大動脈瘤でも多くの方がステントグラフト治療後、通常よりも短い入院期間で退院されています。
下肢静脈瘤の治療では血管内治療を中心に日帰り治療を行っております。

診療部長 心臓血管外科  久保田 卓

主な対象疾患

心臓弁膜症・大動脈疾患・虚血性心疾患・心不全・下肢静脈瘤、そのほか循環器疾患全般

主な手術・検査・処置などのご案内

心臓血管外科 在籍医師の紹介

心臓血管外科  外来診療担当表

Page Top