ホーム > 診療技術部

診療技術士 Medicaltech

放射線部

わたし達は、放射線を扱う専門職として、医療被曝の低減、安心・安全な検査、
そして、循環器の専門知識に基づいた良質な医療画像の提供に努めています。
320列CTを導入し、
冠動脈を中心に、大動脈および下肢動脈などの検査も行っています。

冠動脈を撮影できるCT装置は様々ありますが、当院では320列CTを用いて検査を行っています。
心臓の大きさは"握りこぶし大"とも言われますが、列数の少ない64列CT装置などでは、複数回の撮影を行って画像をつなぎ合わせるため、 ズレが発生したり、不整脈では上手く画像が得られない場合があります。

320列CTは16cmの撮影範囲があるため、1回転で心臓全体を撮影する事ができるので、不整脈にも強く理想的な画像が得られます。また、従来より被曝が少ないのも特徴です。

我々は、このCT装置の特徴を最大限に活かした検査を行っております。これまでMRIで評価されてきた心筋の状態も、冠動脈と一緒にCTで評価しています。 また、CTでは評価が難しいとされている冠動脈の強い石灰化部位やステント治療部位においても、我々が考案した特殊な撮影および処理技術を用いて評価可能な画像を 可能な限り提供しています。


通常の画像(左)に比べ、石灰化(白い部分)を除去した画像(右)では血管の病気が明瞭に評価できます。


心筋梗塞部位(緑)を明瞭に描出することで、冠動脈との関係を把握することができます。

最新鋭の血管撮影装置で、カテーテル治療をサポート。

当院の血管カテーテル室は、冠動脈ステント治療をはじめ、下肢動脈やシャント血管の治療、ペースメーカー植え込み治療、 心臓電気生理検査およびカテーテルアブレーション治療などが行われています。
当院の放射線部では、これらの治療にも関わり、緊急検査や治療にも24時間体制で対応しています。

血管カテーテル室に配備している血管撮影装置は、従来装置と比較し被曝線量が低いのが特徴で、難易度の高い手術において有利となっています。また、それをサポートする様々な機能を搭載しており、血管内超音波断層装置や光干渉波断層装置からの画像も加えて、より繊細な治療が行える環境を整えています。


ステントを明瞭に描出し、バルーン拡張を正確に行うことができます。


治療すべき病変であるかどうかを、機能的指標を用いて詳細に評価しています。

放射線部では、これらの高度医療機器が適切に使用できる環境を整え、患者様の検査や治療が「安心・安全」に行えるよう、医師や看護師、臨床工学技士、臨床検査技師との連携を大切に、日々の業務を行っております。

診療技術部

外来について 入院について 医療機器について
お問い合わせフォーム

※予約の変更等・受付に関すること
 は営業日にお電話でお問い合わせ
 ください。
※夜間・土日祝のお問い合わせの
 回答は、翌営業日となります。

Page Top