ホーム > 看護部

看護部 Nurse Department

華岡青洲記念心臓血管クリニック 看護部

華岡青洲記念心臓血管クリニックの看護

地域の急性期医療を担い、地域の患者さんに常に最先端の医療を提供し、地域医療に貢献することを目的に平成28年8月22日開院しました。
「私はここで、どんな看護を提供したいか」みんながしたい看護としてまとめ、理念や基本方針を考えました。
「一人ひとりに」 「丁寧に」 「こころのこもった看護」 を実践する。
知識・技術の向上はもとより、急性期だからこそ不安の多い患者さん、ご家族に寄り添うことを大切にして、安全で安心な看護を提供していきたい。この思いを看護部理念としました

看護部理念

  • 患者さん一人ひとりに丁寧に対応し、安全・安心できる心のこもった看護を実践します
  • 看護職の使命、責務、倫理観に基づき、チーム医療の中で質の高い看護を提供します

基本方針

  • 患者さんを全人的にとらえ、個別的、継続的な看護を実践する
  • 科学的根拠に基づき、物事を発展的に捉え、自律して看護を実践する
  • 急性期医療を担うチームの一員として、チーム医療の推進に努める
  • 地域と連携し継続看護の質を高め、地域医療に貢献する
  • 自律した行動がとれる人間性豊かな看護専門職を育成する

当院が考える質の高い看護とは、
「救命から合併症・重症化の予防、早期回復支援から生活支援まで継続して実践し、急性期から在宅まで切れ目のない看護を提供すること」です


看護部長 木村 千春
認定看護管理者


副看護部長 村瀬 早苗
集中ケア認定看護師

患者さんを中心としたチーム医療の実践

当院では毎朝、医師・看護師・放射線技師・臨床工学士・放射線技師・事務職員が参加して症例カンファレンスを行います。それぞれの立場から様々な意見交換がなされ、まさに患者さんを中心とした誠実で見落としのない合理的なチーム医療の実践を目指しています。

学会・研究会などへの参加

学会・研究会などには積極的に参加しています。毎年9月に行われる札幌ライブデモンストレーションコースにおいては、当院からライブ中継を行いカテーテル治療の発展に寄与しています。コメディカルスタッフも企画・運営に参加し学びを深めています。

地域との連携を大切にしています

当院では道内8病院に医師を派遣し地域医療支援を行っています。
集中治療が可能な病室を有し、急性心筋梗塞をはじめとした緊急・重症患者さんを受け入れ、
救命、早期回復に全力を尽くします。看護師が中心となり退院支援、調整を行い、急性期から回復期、慢性期看護へと引き継ぎます。
退院後訪問、退院前訪問に積極的に取り組み、患者さんの生活の場を実際に見て支援を考え、最適な看護の提供を行うこと、患者さんの住み慣れた地域でその人らしい生活ができるように、地域の訪問看護ステーション、介護事業施設との連携、協働を重ねています。

退院後訪問に行く前

丁寧で安全安楽な看護

看護部は病院に負けない人員配置を誇ります。患者さんと接する時間を多く持ち、丁寧で安全安楽な看護を提供したいという看護スタッフの思いを実現しました。また、緊急入院や急変に備え適切に対応するためだけでなく、スタッフ教育の充実にもつながっています。

病棟・外来・カテーテル室看護が学べる。

看護スタッフ全員が病棟・外来・カテーテル室業務に携われるように、ローテーションします。
患者さんの治療経過に沿った看護を経験することができ、それぞれを関連させて学ぶことが出来ます。

不安の多い患者さん、ご家族に寄り添うことを大切にしています。

教育理念

華岡青洲記念心臓血管クリニックの病院理念、看護部理念を基盤とし、自律した行動がとられる人間性豊かな看護専門職を育成する

教育目的

安全で質の高い看護を継続的に提供するために、看護専門職としての自覚を持ち、人間性豊かで主体的にチームの連携を図ることができる看護師を育成する

教育目標

  • 対象に誠実な態度で関わり、信頼関係を築ける人間性を養う
  • 医療チームの一員として役割を自覚し、連携医療機関・在宅支援機関との連携と協働を図ることができる
  • 一人ひとりが主体性をもち、やりがいをもって看護活動を遂行できる
  • 職業をとおして、自己実現にむけた活動を行う

★個々が組織の目標を踏まえて、自己の目標、能力、ライフサイクルに応じて、臨床実践能力の向上に
 自ら取り組むクリニカルラダーシステムを活用しています。
 カテ看護編のラダーを作成、導入予定

お知らせ

2017.08.07 看護師 平成31年度採用 正規社員 募集案内
看護師 平成31年度採用 正規社員 募集案内を掲載いたしました。
2017.05.18 日総研 2017.4.5月号 急変ABCD+呼吸・循環ケアに掲載されました。
「PCI直後の急性期に注意すべき合併症と全身管理のポイント」
看護副部長/集中ケア認定看護師 村瀬早苗
PDFダウンロードはこちら
外来について 入院について 医療機器について
お問い合わせフォーム

※予約の変更等・受付に関すること
 は診療日にお電話でお問い合わせ
 ください。
※夜間・土日祝のお問い合わせの
 回答は、翌診療日となります。

Page Top